WEBデザイナーが独立してフリーランスになるためには?

Webデザイナーには特別な資格などが必要ないため、他業種からの転身やフリーランスをを目指す人が多い業種です。

しかし、如何に資格が必要ないとはいえ、基本的にはスキルや知識などがなければフリーランスとして仕事を取っていくことはできません。

当記事では、フリーランスのWebデザイナーとして必要な技能を紹介するとともに、年収をはじめとしたフリーランスWebデザイナーのリアルについて解説していきます。

WEBデザイナーとは

Webデザイナーとは名前の通り、主にWebサイトのデザインをするデザイナーのことです。

誌面やフライヤーのデザインとは違い、Webサイトではページ間の遷移があるため、ページをまたいだユーザーの導線を意識したデザインをおこなう必要があります。

また、Webサイトでは直感的な操作のしやすさ(UI)を意識することも重要で、芸術性よりも合理性・操作性が重視されるのが特徴です。

加えて、HTMLやCSS、PHPといったプログラミング言語を用いてデザインを反映、編集することになるため、各言語のコーディングスキルも必須となります。

他のIT業界と同様に、現在でもツールの発展が著しく、より効率的にWeb制作がおこなえるツールがリリースされ続けているので、新しいツールの使い方を習得することに抵抗がない人に向いている職種といえるでしょう。

WEBデザイナーが独立してフリーランスになるには

Webデザイナーになるためには特別な資格などは必要ありません。

フリーランスのWebデザイナーでも同様で、特定の会社と雇用契約を結んでいなければ、フリーランスのWebデザイナーを名乗ることができます。

基本的には、デザイン会社に数年勤務の後、勤務していた会社の下請けとして独立するケースが多いです。

また、近年ではクラウドソーシングが盛んになってきていることもあり、他業種からスクールなどでスキルを習得した後、フリーランスとして参入する人も増えてきています。

未経験でも大丈夫?

フリーランスのWebデザイナーに未経験でなれるかどうかについては、結論からいうと「可能ではあるが難しい」です。

先述したように、Webデザイナーになるには資格等が必要ないため、極論をいえば誰でもなることができます。

しかし、「Webデザイナーになれる」からといって、「Webデザイナーで食える」わけではありません。

Webデザイナーで食べていくためには、単体または複数の顧客から、安定的に仕事を得る必要があります。

そのためには、確かなWebデザインスキルと豊富な知識が重要です。

つまり、スキルも経験もない未経験者が、漠然とデザインに自身があるという理由で参入しても、よほどのことがない限り仕事を得ることができません。

よって、未経験者は独学またはスクール等で知識やスキルを習得するか、Webデザイン業をおこなっている会社に就職し、実践的な業務を経験したほうが良いでしょう。

特に、Webデザイナーではデザインの技能だけでなく、コーディングのスキルが必須になるため、まずは各言語の基礎的な知識や書き方を習得しなければいけません。

加えて、仕事によっては使うツールが顧客から指定されることもあるので、使用できるツールが多い方が仕事を受注できる可能性が上がります。

Webデザインに関連するツールは現在も発展を続けており、次々と新しいものがリリースされているので、貪欲に新しい知識を吸収する姿勢がなければ、時代に取り残されてしまいます。

また、フリーランスでは営業活動も自身でおこなう必要があります。

現在はクラウドソーシングがあるため、以前よりも営業の難易度が下がっているといえますが、提案や工数出し、値段交渉など、最低限の営業がおこなえないと、仕事を得ることができません。

営業については、トライアンドエラーが最もスキルに直結します。

あくまで顧客ファーストで、営業に失敗した理由や成功した理由をデータとして集めていくことで、より顧客の意図に沿った提案ができるようになるでしょう。

しかし、営業が上手くできるようになるまでは全く仕事を得ることができず、最初の数か月は無収入になってしまう可能性もあります。

以上のように、未経験からフリーランスのWebデザイナーになるためには、相応の覚悟が必要になります。

フリーランスWEBデザイナーのリアル

Webデザイナーはフリーランスも多い業種です。

実際のところWebデザイナーはどの程度稼いでいるのでしょうか。

また、今後Webデザイン業界がどのようになっていくのか、将来のことについても解説していきます。

フリーランスWEBデザイナーの年収

フリーランスWebデザイナーにあこがれている人の多くが気になるのが、実際の年収でしょう。

企業に勤めているWebデザイナーの平均年収は、300~400万円程度といわれています。

実はフリーランスの場合も同様で、平均的な年収は300~400万円程度であることが多いです。

しかし、フリーランスという特性上、上下の振れ幅が大きいのが特徴で、1,000万円以上稼いでいる人もいれば100万程度しか稼げていない人もいます。

フリーランスのWebデザイナーの中でも、年収が多い人はマーケティングに関するコンサルができたり、デザインから文章のライティング、動画のディレクションなど、業種に限らずマルチに活躍している人が多いです。

企業がUIやUXを考慮してWebデザインをおこなう目的は、元をたどればWebマーケティングのためになります。

よって、マーケティングに対する知識やスキル持っていたり、他のマーケティングの要素に関する業務をおこなえることは、顧客にとっては大きな需要になります。

よって、Webデザイナーとして年収を上げるためには、Webデザインに限らずWebマーケティング全般に対する知識を吸収すると良いでしょう。

将来性は?

フリーランスでWebデザイナーをやっていくとなると、業種としての将来性も気になる所です。

実際に将来的なことを考えると、Webデザインのみで何十年も食べていくことは難しくなる可能性があります。

先述したように、Webデザインツールはいまだに発展を続けており、どんどん便利になっています。

近年では、誰でも簡単にWebサイトを制作できるツールなどもリリースされており、ある程度のデザインのものであればデザイナーでなくても制作できるようになっています。

今後もツールが発展し続ければ、プロ顔負けのデザインのWebサイトを全くの初心者が簡単に制作できるようになる可能性も高くなり、誰でもできるようになれば、Webデザイナーが担う仕事は必然的に減っていってしまいます。

今後Webデザイナーとして生き残っていくためには、Webマーケティング全般に関する知識や制作全体のディレクションなど、ツールには担うことのできないスキルを持っていることが重要になるでしょう。

フリーランスWEBデザイナーの仕事の取り方

フリーランスのWebデザイナーが仕事を得るには、以下のような方法があります。

  • 制作物を発信して直接依頼を受ける
  • クラウドソーシングを利用する

まず挙げられるのが、制作物を発信して直接クライアントから依頼を受ける方法です。

ポートフォリオを制作した上で、WEBサイトやSNSなどで作品等を発信することで、デザインを気に入ったクライアントから依頼がくる可能性があります。

上記のような仕事の取り方をしていくのであれば、継続的に作品を発信していくことが重要です。

また、デザイナーの技量を測る上で重要になるポートフォリオは妥協なく制作し、実績ができるごとに更新していくことが必須といえるでしょう。

良くも悪くも受け身な仕事の取り方なので、仕事が受けられるかは運の要素も大きく絡みます。

しかし、有名企業のWebサイト制作案件など、大きな仕事がくる可能性があるので、労力をかける価値はあるといえるでしょう。

対して、クラウドソーシングでは多くの企業や個人が仕事を募集しているので、比較的容易に仕事を取ることができます。

ただし、競合も多く募集倍率も高いため、提案の際にはある程度の営業力が必要です。

提案のコツとしては、顧客が求める仕事に対して自身がどのようにアプローチできるかを提示することが重要になります。

顧客がどのような意図でWebサイトやアプリケーションを開発しているのかを理解し、目的に対する最良のアプローチを自身なりに提案しましょう。

上記の提案を実現できるスキルがあることを示せれば、さらに受注率はアップするはずです。

なかなか仕事が得られなくても、失敗した提案を見直し、内容を改善していくことで、徐々に仕事を得られる確率も上がってきます。

スキルの提示には、直接依頼を受ける形式と同様にポートフォリオを使うことになるので、妥協せずに制作するようにしましょう。

WEBデザイナーの単価の相場

フリーランスのWebデザイナーの相場は、時給換算で2,000円程度が一般的です。

また、企業から直接大きな依頼がくるような場合は、時給換算で5,000円以上になることもしばしばあります。

そのため、Webデザイナーの仕事は一概に単価で決定することができません。

よって、依頼された仕事にどの程度時間がかかるかを算出し、上記を参考に自身で定めた時給に見合うような見積もりを提示しましょう。

当然ですが、同じ仕事でも熟練のデザイナーの方が短納期で高クオリティなものを制作できる可能性が高いので、最初は単価を上げるよりも、クオリティを落とさずに制作時間を縮めることで、相対的に時給を上げていくのが良いでしょう。

フリーランスWEBデザイナー用のセミナー・スクール

「フリーランスのWebデザイナーになりたいけれど、何をすれば良いか分からない」という人は、セミナーやスクールに通うのもおすすめです。

セミナーやスクールでは、Webデザインに必要なスキルや知識を効率的に身につけられる他、営業の仕方や心構えまで教えてくれます。

フリーランスとしてのスタートラインに立つのが不安な人や、いざフリーランスになったとはいえ、全く仕事が取れないという人は、一度通ってみるのも良いでしょう。

フリーランスWEBデザイナーにおすすめのサイト

フリーランスWebデザイナーとして活動していく上でチェックしたいサイトには、以下の2種類があります。

  • クラウドソーシングサイト
  • ポートフォリオサイト

まずは「クラウドワークス」「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトです。

先述の通り、クラウドソーシングサイトでは、しっかりと提案ができれば比較的容易に仕事を得ることができます。

企業から直接安定的な仕事が得られるまでは、活用する機会も多くなるでしょう。

Webデザイナーについては、「Workship」のようなIT業界に特化したサイトも存在するため、より高い精度で案件を探すことができます。

案件は短いスパンで更新されていくので、逐一確認し、自身にあった案件を探すと良いでしょう。

もう1つチェックしたいのが、有名デザイナーのポートフォリオサイトです。

ポートフォリオは、デザイナーのスキルや実績の他、実際の作品や作品制作の際に注力したポイントなどを確認することができます。

有名デザイナーのポートフォリオを熟読し、作品をトレースしたりすることで、効率的にデザインセンスやマーケティングに有効なサイト制作のコツなどを身につけましょう。

在宅で副業したいデザイナー必見!案件探しに使える厳選マッチングサービス6選

まとめ

フリーランスのWebデザイナーになる方法や年収、将来性などについてお話ししてきました。

フリーランスのWebデザイナーには必要な資格などがないため、誰でもなることができます。

しかし、仕事を取っていくにはポートフォリオの制作や基礎的な技能の習得、確かな営業力などが必要です。

上記のようなスキルは独学でも習得出ますが、スクールやセミナーではより効率的に身につけることができます。

もしフリーランスのWebデザイナーを目指すのであれば、デザインのトレンドや新しいツールなどから目をそらさず、貪欲に知識やスキルを吸収していくようにしましょう。

この記事が参考になったら、シェアをお願いします